月刊『ザ・フナイ』への執筆 2010年6月号

『ETソウルからのメッセージ』として稿を載せております。
その本が書店に6月並び始めた頃から次々と驚くような出来事が起こってきました。
どこから紹介できるものかと悩みながら書いております。

昨年のザ・フナイ4月号 特集『近未来の世界像』に私は余市EMER140のコンドミニアムを建てるまでの道程と、これまでの私の人生体験で歩んできた求道への思いなどを書きました。

今回、ザ・フナイの原稿にはEMERを営業させてから、12月10日にクローズさせるまでに体験したことや、私がライフワークとしてきた地球の新時代には、どんな事が次元上昇を求める人々にとって必要な認識かについて書きました。

  1. 私たちの個性、声、姿、などをつくっていたのは愛する人々と出会いながらDNAの交換をしてきたためです、と知りました。
  2. 創造という宇宙の法則を体感するには、ハートの力が最大の答えを持っています。
  3. ハワイのパワースポットで体験したこと。
  4. ETの魂をもって地球で暮らしている人の診断書。

6月1日から全国の書店で発売されています、この雑誌を見て、昔私が出版していた『アクエリアス革命』が、若干取り置きがありますと書きましたところ、たくさんのファックスが入ってきました。反響絶大です。

最近あまりにも私の身辺に色々なことが起こりすぎて、どうコントロールできるのか解らないでおりました。
この5月に入ってから、凄いスピードで何もかもが回転をはじめました。答えも見えてきたのです。
すべての出来事には偶然がないと言います。私の魂の宿命、おそらく因果関係であろうドラマが余市から始まりだしたのです。

ではなぜ今現在の生き方、驚く出来事に遭遇して現れているのか?

それは昨年余市のEMERに二風谷から、トーテム・ポールが予言とともに移されてきたことから始まっているのです。

ザ・フナイ6月号にそんな魂の役目を自ら願い出て生まれ変わっている、魂がETソウルである方々の特別な特徴を書きました。各地から反応をいただいております。ぜひ・・・御一読くださいね。
余市のお店に置いてありますのでご覧ください。

ザ・フナイ ホームページ

ただいま、ザ・フナイ公式サイトでも、紹介されていますので、あわせてご覧ください。
≫ ザ・フナイ6月号特集ページはこちら


ザ・フナイ ホームページ

月刊『ザ・フナイ』 2009年4月号にもオーナー村松祐羽が執筆しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。
≫ 月刊『ザ・フナイ』への執筆 2009年4月号

このページのトップへ