お知らせ

にんげんクラブ「北海道ウエルカムパーティーin余市」開催されます。

2011年5月23日(月)

にんげんクラブ「北海道ウエルカムパーティーin余市(良い地)EMER140」 ようやく北海道の地にも、にんげんクラブ北海道支部が立ち上がることになりました。 第一回目は、私のコンドミニアムEMER140で開催します。 イザナギプレートという地球の次元上昇に重要なカギを握るパワースポットにあります。そこで、私の他、船井勝仁さん、代表会員の川島伸介さん、東京支部代表の田中清一郎さんもお招きして、これからについてのお話をします。北海道の皆様、ご参加ください。 にんげんクラブ 北海道支部代表 村松祐羽 ■日時:6月 18日 (土 ) ■時間:15:30スタート(15:00受付開始) ■場所:余市 EMER140 北海道余市郡余市町栄町28 ■出演講師:川島伸介、田中清一郎、村松祐羽、船井勝仁(出演順)敬称略 ■参加費:にんげんクラブ会員・非会員ともに 5,000円(講演のみは 3,000円 ) ※宿泊については別途お申し込みの方にご案内致します。 ■タイムスケジュール■ 15:00~15:30 受付 15:30~15:50 司会挨拶 川島伸介 (支部代表 &支部リーダー紹介 ) 15:50~16:50 講演 村松祐羽 17:00~17:30 講演 田中清一郎 17:30~19:00 講演 船井勝仁 19:00~21:00 懇親会  EMER140ホールにて ■講師紹介■ 川島伸介(かわしま しんすけ ) NPOフェニックスジャパン代表

大学卒業後、トッパン・ムーア(株)勤務。退職後、飲食店を経営しつつ、6年間で世界 20地域を旅する。世界の現状にショックを受け、帰国後は農業再生事業を立ち上げるが失敗に。2006年、大学時代から尊敬していた船井幸雄氏と出会い、人生観が大激変。2011年3月11日を機に、NPOフェニックスジャパンを立ち上げ、新しい日本の創生に向けて動き出す。

田中清一郎(たなか せいいちろう)

Sei(セイ:田中清一郎) 演題:「海底生活、あの世の体験、愛、本物をお伝えします」 本物商品のフロンティアショップを経営。子供の頃父の作った海中居住施設『海底ハウス』(水深10m;1号は東京お台場「船の科学館」前に今も展示中)に住んだ経験から海底村プロジェクトを主宰。また 2007年 3月船井幸雄会長と同じ日に倒れ、原因不明の心肺停止から奇跡的に生還し、世の多くの裏情報を知るようになりあの世での記憶を交えて人の生まれてきた意味、自由、幸せを伝える。 村松祐羽(むらまつ ゆう) コンドミニアムEMER140 代表 北海道小樽市で生まれ育つ。デパート勤務の後、結婚。3人の子どもを育て、家族 5人暮らしを支える主婦生活のなか、1979年頃から数年間の異次元体験を得て1984年に『水瓶座の時代』創刊号を出版。のち、たま出版から 1985年から 1988年の間に『アクエリアス革命』を第 4号まで出版する。2000年に夫を病で亡くす。2007年 9月、マイケル・ E・サラ博士(宇宙政治学、国際政治学教授ハワイ島在住)他 4名とともに「地球変容会議」日本開催の支援活動に従事する。2008年 11月、北海道余市町栄町に念願だった「コンドミニアム EMER140」を建設。 船井勝仁(ふない かつひと) ㈱船井本社 代表取締役社長 船井本社代表取締役社長。船井総合研究所常務や船井キャピタル、船井情報システムズの代表取締役を歴任し、コンサルティングの周辺の事業拡大に取り組む。2008年、競争や策略のない時代をつくるという父・船井幸雄の考えに共鳴し船井本社の社長に就任した。現在は有意の人の集合意識でミロクの世をつくる勉強会「にんげんクラブ」を中心とした活動を続けている。新著に『天律の時代が来た! 生き方の原理を変えよう』(徳間書店)刊がある。 にんげんクラブHP:  http://www.ningenclub.jp/ 船井勝仁ドットコムHP:http://www.funaikatsuhito.com/ ■メールでのお申し込み■ 件名に北海道WP」と入れ、氏名、年齢、住所、連絡先電話番号、懇親会の出欠を明記の上、船井本社にんげんクラブ事務局までお申し込みください。 メール: ningen-club@funai-office.com 株式会社船井本社 にんげんクラブ事務局  担当:重富 電話:03-5782-8110 FAX : 03-5782-8111

このページのトップへ